Google AnalyticsとGoogle AdSenseの連携を複数サイトで行う方法

この記事は約 3 分で読めます。

Google AnalyticsとGoogle AdSenseを連携したカスタムレポートGoogleAnalytics(以下、GA)とGoogleAdSense(以下、Ads)の連携を行うと、GA上でAdsに関する様々な情報を見られるようになるので、GAとの連携はAdsの収益アップのためには欠かせません。

Googleさんのヘルプを参考にして、プライマリプロパティを選択して一つのサイトの連携はなんとかできたのですが、それ以外の複数のサイトに対して連携する方法が良く分かりませんでした。

ところが先日、久しぶりにGAの管理画面を探検していたら、専用のコードを設置することによりGAとAdsの連携が複数サイトでも行えることがわかりました。

複数のサイトに対してGoogleAnalytics(GA)とGoogleAdSense(Ads)の連携したい方の参考になれば幸いです。

GAとAdsを連携するためのコードは各プロパティごとに取得できる

Google AnalyticsとGoogle AdSenseの複数サイト連携するための手順

GAのプライマリプロパティ以外のセカンダリプロパティをAdsと連携するためのコードは、GAの管理画面より取得することが出来ます。

具体的な場所は、GAの右側上部にある「アナリティクス設定」でアカウントを選択し、「データソース」->「AdSense」タブを選択すると、

  • AdSense にリンク済みのアナリティクスのプライマリ プロパティ
  • アナリティクスのセカンダリ プロパティ が表示されます。

このうちの、「アナリティクスのセカンダリ プロパティ」以下に表示されているのが、Adsと連携できるGAのプロパティ一覧です。

ここでAdsと連携したいプロパティ&プロファイルを選択して「コードスニペット」ボタンを押すと、連携するためのコードがポップアップで表示されるので、これをコピーしてAdsを掲載している全ページHTMLソース内にペーストします。

これで準備OK。

ただしく設定できていれば、しばらくするとデータが見えるようになります。

ちなみに、GAの中でAdsのデータを見るには、レポートの中の「コンテンツ」内にある「AdSense」というリンクから様々なデータを見ることが出来ますよ。

もちろん、カスタムレポートも作れます。

Google AnalyticsとGoogle AdSenseを連携したカスタムレポート

なお、ここでご紹介したセカンダリプロパティの連携は、すでにプライマリプロパティがAdsと連携されていることが前提となると思われるので、プライマリプロパティの連携がまだの方は、まずはそちらから実施しましょう。
AdSense アカウントをアナリティクス アカウントにリンクする

皆様のAdSenseの収益がより一層増えますように!

こちらもあわせてどうそ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: Google AdSense, Google Analytics   タグ: ,   この投稿のパーマリンク