hulu、iTunes、Google Playなどの動画配信サービスを比較して、自分にはhuluが一番合っていると思った理由のまとめ

この記事は約 14 分で読めます。

huluスクリーンショット 2012-07-11 22.21.242011年にhuluが日本でサービスを開始して以来、huluを利用しています。

テレビドラマや映画の動画配信サービスを利用するのはhuluが初めてで、他の動画配信サービスは利用したことがありません。
日本でのサービス開始後、ちゃくちゃくと品揃えが良くなってきて、さらに月額が980円に値下げされ、「hulu最高!」と思っていたのですが、huluよりも前からあるiTunesやPlayStation Storeや、あのGoogleが提供するGoogle Playなど、huluと競合するサービスがたくさんあることに気づき、「hulu以外の動画配信サービスの内容ってどうなんだろう?」「ほんとうにhuluが自分にとって最高なんだろうか?」と、ふと我に返り 各社のサービス内容を調べてみることにしました。

結論としては、自分にはhuluが最高であることを再確認することになったのですが、私と同じように各社の違いは?どこが良い?と悩んでいる方の参考になればと思い、動画配信サービス各社のサービス内容のまとめをご紹介します。

動画配信サービスの比較ポイントは?

動画配信サービスを比較する際のポイントとしては、価格、レンタル期間、配信方法、品揃え、配信方法、画質、視聴できるデバイスなど。

どれを重視するかはひとそれぞれだと思いますが、私は価格と品揃えが大切だと思っています。
またパソコンをリビングの大画面テレビにつなげて見ることも多いので、より高画質であることも重要です。

以下、それぞれの比較ポイントごとに各社のサービス内容をご紹介します。

価格、レンタル期間の比較

今のところ、完全に定額で見放題なサービスはhuluのみ。
他は、映画1本300円で視聴開始から2日間は何度でも視聴できる、といったいわゆるペイ・パー・ビュー型のサービスがほとんど。

毎晩、海外ドラマを一話ずつ見ている私にとって、月額980円の定額見放題のhulu以外のサービスはかなり割高に感じてしまいますが、毎月1つ〜2つ程度の映画を視聴するだけだったり、もっと頻度の少ない人にとってはペイ・パー・ビュー型の方が良いと思います。

動画配信サービスの価格表

  レンタル価格 販売 無料お試し
hulu 月額980円で見放題 なし 2週間無料お試し
Google Play 300円〜 なし なし
iTunes SD版:200円〜400円
HD版:300円〜500円
1,000円〜2,500円 なし
U-NEXT 初期登録:2,340円
月額1,990円で見放題
有料動画(315円など)
なし 初期登録無料
16日間無料
ニコニコ動画 300円〜 1,000円〜 なし
PlayStation Store SD版:350円〜400円
HD版:500円〜600円
1,200円〜 なし
DMM.com 105円〜420円が多い 1,000円〜2,000円前後 なし
楽天VIDEO 月額294円で見放題
有料動画(210円など)
なし 月会費1ヶ月無料

ペイ・パー・ビュー型の場合、購入から30日以内に視聴を開始して、視聴開始後48時間以内に見終わらないといけない(制限日数、制限時間はサービスによって異なる)という制約は、一見窮屈に感じますが、実際に利用している知人によると「見たいときに購入して、その場で見るからそれほど気にならない」そうです。
しかし、「視聴している途中で用事ができてそのまま見るの忘れてた」こともごくたまにあるようなので、この点はやはり注意が必要ですね。

U-NEXTと楽天VIDEOは、定額見放題とペイ・パー・ビューの併用型のサービスとなっており、定額見放題の対象となっているタイトルと都度支払わないといけないタイトルが混在しています。
古い映画やテレビドラマの古いシーズンは定額見放題対象となっていて、人気の映画やテレビドラマの新しいシーズンは有料動画になっていたりすることが多いようです。

また、レンタルではなく、いわゆるセルにあたるサービスなのですが、iTunesやニコニコ動画、PlayStation Store、DMM.comでは1,000円〜数千円程度で映画を購入することができるので、なんども見たいと思うようなお気に入りの映画をコレクションするのも楽しそうだと思いました。

視聴できるドラマや映画の品揃え

視聴できるドラマや映画のタイトル数や配給会社などについては、公表されていなかったり、随時変化したりする部分なので調べるのに大変苦労しましたし、あまり役立つ情報を得ることができませんでした。

動画配信サービス各社の品揃えについては、自分の好みのドラマや映画があるかどうか確認されるのが一番かと思います。
とはいえ、せっかく調べたのでこちらも参考にしてくださいね。

動画配信サービスの配給会社とタイトル数

  配給会社 タイトル数
hulu ワーナーブラザーズ、ウォルト・ディズニー、ソニー・ピクチャーズ、ミラマックス、ABC、CBS、FOX、NBCユニバーサル、ワーナーTV、アスミック・エース、角川書店、松竹、東映、日活、AMGエンタテイメント,など 約1,000タイトル
Google Play ワーナーブラザーズ、ユニバーサル、ソニー・ピクチャーズなど 約200タイトル
iTunes 20世紀フォックス、ワーナーブラザーズ、ユニバーサル、パラマウント、ウォルト・ディズニー、角川映画、アスミック・エース、ドリームワークス、松竹、東映、フジテレビなど 約1,000タイトル
U-NEXT ワーナーブラザーズ、ソニー・ピクチャーズ、日テレオンデマンド、テレ朝動画、TBSオンデマンド、テレビ東京オンデマンド、フジテレビオンデマンドなど 不明
ニコニコ動画 不明 約200タイトル
PlayStation Store 不明 不明
DMM.com 不明 不明
楽天VIDEO 不明 不明

私は、ドラマや映画に対してこれといった好みはありません。海外ドラマも完全に雑食です。
こんな私にとってhuluやiTunesの品揃えはジャンルも幅広く十分に感じます。

もしかしたら、アニメが好きな方はPlayStation StoreやDMM.comが、韓流ドラマが好きな方は楽天VIDEOが良いかもしれません。

配信方法、画質、視聴デバイスの比較

動画配信サービスの配信方法、画質、視聴でバイス一覧

  配信方法 画質 視聴デバイス
hulu ストリーミング 720p HD、480p SD、360p、288p パソコン、スマホ、テレビ(一部機種)、Apple TV
ゲーム機(PS3、Xbox。Wii)
Google Play ストリーミング
ダウンロード
480p SD、一部HD パソコン、スマホ
iTunes ダウンロード 720p HD、1080p HD、480p SD パソコン、iPhone、iPad、Apple TVなど
U-NEXT ストリーミング

720p HD、480p SD

テレビ(ブラビア、アクオス、REGZA、Wooo、各一部機種)
パソコン、スマホ(2012年夏対応予定)
ニコニコ動画 ストリーミング 不明 パソコン、スマホ
PlayStation Store ダウンロード 720p HD、480p SD PS3、PSP
DMM.com ストリーミング
ダウンロード
不明 パソコン
楽天VIDEO ストリーミング 480p SD、360p パソコン

配信方法
動画配信サービスでは、ドラマや映画のデータを提供する方法として、ストリーミング方式とダウンロード方式の2種類の配信方法があります。
ストリーミングの場合は、データをダウンロードしながらドラマや映画を再生するので、すぐに視聴できるというメリットがある反面、インターネットへの接続状態によっては途中で再生がとまってしまったりすることもあるようです。
huluの場合、インターネットへの接続速度にあわせて動画の画質を高くしたり低くしたりして調節することにより、どんな環境でも再生が途中で途切れないようにする機能があるようです。

ダウンロードの場合は、視聴するデバイス(パソコンなど)にデータを保存して再生するので、ダウンロードが終了した後はインターネットにつながっていなくても ドラマや映画を視聴することができ、途中で途切れるようなこともありません。

どちらが良いか?は、それぞれのインターネットへの接続環境によると思いますが、光回線だったりケーブルテレビなどの高速インターネット環境での利用する場合はストリーミングでもほとんど問題ないように思います。

我が家はJCOMさん(ケーブルテレビ会社)を通じてネットに接続していますが、ストリーミング再生中に止まるようなことは滅多にありません。(ゼロではない。。。)

画質
画質に関しては、より高画質の方が良いかとおもいますが、スマホやタブレットなどの小さい画面で見る場合はそれほど意識する必要はないでしょう。

私自身、画質の違いについて技術的な知識がないので正確にはわからないのですが、1080p HDはフルHD(地デジ並みの画質)で、720p、480p、と数字が下がるほど画質が落ちることを表しているようです。
私が調べた限り、1080p HDの動画が提供されているのはiTUnesのみ(一部のタイトルで提供)でした。

huluのストリーミングで720p HD画質のドラマを良く視聴していますが、21.5型のワイド画面だととても奇麗に見ることができ、52V型のアクオスで最大化して見ると「奇麗とは言えないけど、見ていて画質の悪さが気になることはない」という印象です。
(パソコンの画面をHDMIケーブル経由でアクオスに出力して見ています)
480pだと52V型の大画面ではあまり見る気になりません。

ざっと動画配信サービス各社を調べた限りでは、480p画質の動画がまだまだ多いように感じました。
そんな中、iTunesは720p HDをはじめとするHD画質の動画が比較的充実しているように思います。

視聴デバイス
パソコン、スマホ、携帯ゲーム機、テレビなど、どのデバイスでも視聴できるようになる方向に広がってくと思いますが、現時点ではスマホやテレビへの対応状況からiTunesとhuluが少しリードしているようみ思います。

PlayStation Storeは完全にPlayStationの世界だけのサービスなので、この世界の中にいる人にとっては便利に感じるかもしれません。

iTunesではダウンロードしたドラマや映画のデータを各端末に移動することができるので、iPhone、iPad、Apple TVなどマックな環境が整っている方は、iTunesの方が便利に感じるかもしれませんね。
ただし、デバイスによって再生できる画質に制限があるのであらかじめチェックしておくと良いでしょう。

私の場合、スマホとパソコンで視聴できれば十分に感じています。
現段階ではhuluはアクオス対応していませんが、我が家にはHDMI端子のついたノートパソコンがあるので、HDMIケーブルでパソコンとテレビをつなぎ、パソコンの画面をアクオスに出力して見ればhuluを大画面で楽しむことができます。
テレビのリモコンで操作するよりパソコンで操作した方が便利そうなので、huluがアクオスに対応したとしても今のやり方を続けるかもしれません。

huluを使っていて便利に感じるのは、異なるデバイス間でも続きから視聴できること。
例えば昼間にパソコンを通じてドラマを見ていて、夜の就寝時にドラマの続きをスマホで見たり、移動中にスマホで見ていた映画の続きを、帰宅後にパソコンで見ることができるのです。
これはストリーミングならではの便利な機能だと思います。

そのほか、細々としたポイント

どの動画配信サービスにするか?の判断には影響のない部分かもしれませんが、支払い方法や無料お試しの有無などについても調べたのでご紹介します。

支払い方法
いずれもクレジットカードによる支払いがメインです。iTunesの場合はプリペイド式のiTunes Cardでも支払うことができるほか、Google Playでは、ドコモやau、ソフトバンクなどの通信キャリアを通じて携帯電話代と合わせて支払うこともできます。

無料お試し
huluでは2週間無料で利用することができるお試しサービスがあります。無料お試し期間中でも全てのコンテンツを視聴することができます。

楽天VIDEOでは月会費(294円)1ヶ月無料となるキャンペーンを実施中。また、無料お試しではありませんが、楽天レンタルの月額会員の方は 月会費無料で楽天VIDEOのサービスが利用できるようです。

サイト機能
ニコニコ動画では、みんなで同時に映画をみてコメントを書き込むことができるニコニコ映画上映会という機能があります。
私は一人で静かに見たい派なので利用することはないかと思いますが、いままでにない映画の楽しみ方だと思います。

いろいろ比べてみましたが。。。

私は、
・定額見放題(980円)
・ストリーミングでいろいろなデバイスで続きが見れる
という点でhuluが一番合っていると思います。
とくに定額見放題(980円)という値ごろ感が大きいです。
他のペイ・パー・ビュー型のサービスを利用するなら、ちょっと我慢して近所のTSUTAYの旧作100円レンタルを利用すると思います。

月々の利用頻度が少ない方や、マックな環境が整っている方、その他数千円の出費は特に気にしない方などは、iTunes。
PlayStationの世界の人にとってはPlayStation Storeもメリットに感じる点が多いかと思います。

今回はあまり触れませんでしたが、U-NEXTというサービスのネット広告を頻繁に見かけます。
(格好のターゲットとして広告に追いかけられていますw)
2012年夏にスマホ対応するなど、まだまだこれからのサービスだと思いますので、おいおい調査対象に加えてみようと思います。

以上、かなり長い記事になってしまいましたが、参考になる部分があれば幸いです。

【参考リンク】


Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!


U-NEXT
 iTunes Store(Japan)
iTunes
こちらもあわせてどうぞ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: hulu, デジタルライフ   タグ:   この投稿のパーマリンク