ワンタイムパスワードは一回でOK。ジャパンネット銀行で一度にたくさん振込みをするときに便利な方法

この記事は約 2 分で読めます。

ジャパンネット銀行マイメニュー。WEB一括振込ジャパンネット銀行を事業用の銀行口座として利用しています。毎月20件~30件ほど振込みを行っていて、メインバンクの三菱東京UFJ銀行より振り込み手数料が安いので、ジャパンネット銀行は振り込み専用の口座として活用しています。

ジャパンネット銀行で振込みを行う際、ワンタイムパスワードを入力して振込みを実行するのですが、私はこれまで1件1件、ワンタイムパスワードを入力して20件~30件の振込み手続きを行っていました。とても面倒に感じながらも、こうするしか方法が無いと思っていたのですが、最近便利な方法を発見しました。

裏技でもなんでもなく普通に提供されている機能なのですが、私と同じように気づいていない方もいらっしゃると思うのでご紹介します。ジャパンネット銀行で一度にたくさんの振込みを行っている方の参考になれば幸いです。

まとめて振込みをするときは「WEB一括振込み」が便利

「WEB一括振込み」を使えば、複数の振込み処理に対してワンタイムパスワードを1回入力するだけで済むのでとても便利です。
「WEB一括振込み」はマイメニューの中のリンクから移動して利用することができます。

あらかじめWEB一括振込み用に、振込先の口座情報を登録しておきます。さらに振込先をグループ分けし、このグループごとに一括して振込みを行うことができます。

具体的な手続きとしては、グループ内の入金を行う振込先に対して振込み金額を入力すればOK。あとはワンタイムパスワードを1回入力すれば一括して振込みを行うことができます。

このように大変便利な「WEB一括振込み」ですが、さらに入金先の件数が多く1件1件振込み金額を入力するのが大変な場合は、「WEB総振」というサービスがあります。こちらは月額利用料が必要となるサービスですが、振込みデータをアップロードしてまとめて振り込みができるので、振込み件数が数百件に及ぶ場合(最大3,000件)などには大変便利です。



ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

こちらもあわせてどうそ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: デジタルライフ   タグ:   この投稿のパーマリンク