Kindle Paperwhiteで読書の質が向上しました

この記事は約 2 分で読めます。

Kindle Paperwhiteを購入しました。 ホワイト、Wi-Fiのみ、キャンペーン情報なし、です。 キャンペン情報ありにすると広告が表示され、追加料金などによって後から広告表示しないように変更できないとのことだったので、あらかじめキャンペーン情報なしにしました。

届いたその日から私にとってKindleはかけがえのない宝物になりました。
なぜなら、

  • 昼も夜も、いつでも読みやすい
  • 機能が読書に限定されているので集中できる
  • マーカー機能を活用して読書の質が向上した

という点が非常に気に入ったからです。

とりわけ、マーカー機能が気に入っています。
マーカー機能はスマホのKindleアプリにもある機能ですし、
スマホのKindleアプリだとマーカーの色が選択できるのに対して、Kindle Paperwhiteだと色の選択ができないのが少し残念なのですが、
昼も夜もいつでも読みやすく、読書に集中できるため、Kindle Paperwhiteの購入をきっかけにマーカー機能も積極的に活用して読書の質を向上したいと思うようになりました。

Kindleでマーカーをつけると、それらが「メモとハイライト」というサイトに集約されて参照することができます。
これまで紙の本でも付箋を付けたりマーカーを付けたりしていましたが、
「メモとハイライト」というサイトに集約されることにより、圧倒的に後から振り返りやすくなっています。
書籍のタイトルごとにマーカーした文章を参照することができるのです。
キーワード検索機能もあるのですが、書籍のタイトルに対する検索となっておりマークした文章の検索は今のところできないようです。

Kindleから「メモとハイライト」へのリンクがないため、もしかしたらまだ本サービスではないのかもしれませんが、
下記のURLから自分がマークした内容を参照することができます。

https://read.amazon.co.jp/kp/notebook

せっかくなので、私がマークした「メモとハイライト」のページの画面キャプチャを掲載しておきます。
Kindleによって皆様の読書がより楽しいものになったらうれしいです!

kindleメモとハイライト_1

 

kindleメモとハイライト_2

こちらもあわせてどうそ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: 読書(kindle)   パーマリンク