続:MacBook Airに外部ディスプレイを2台接続!接続方法や動作を動画で解説します

この記事は約 4 分で読めます。

MacBook AirにUSBハブ搭載LANアダプタ経由、USB接続外付グラフィックアダプターで外付けモニター接続MacBook Airに外部ディスプレイを2台接続して使用しています。一つは縦型ディスプレイにしてプログラミングの開発環境の画面とし、もう一方の普通のディスプレイでブラウザなどの画面とすることにより、とても作業効率があがって大満足しています。

MacBook Airに外部ディスプレイを2台接続するには、2台目の接続に「MacBook Airに外部ディスプレイを2台接続!USB接続外付グラフィックアダプター」の記事でも紹介した I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター 「USBグラフィック」 デジタル&アナログ対応モデル USB-RGB/D2 を利用します。前回の記事では、接続構成や動作速度についてあまり触れていなかったので、今回はこれらの点についてご紹介したいと思います。

MacBook Airに複数の外部ディスプレイを接続したいと思っている皆様、USB接続外付グラフィックアダプターのご購入を検討されている皆様の参考になれば幸いです。

ThunderboltとUSBポートに接続

MacBook Air(Mid 2011)に外部ディスプレイを2台接続したときに、どのような接続構成になるのかご紹介します。

1台めのディスプレイ MacBook AirのThunderboltに[mini Display Port - HDMI 変換ケーブル]→HDMIケーブル→ディスプレイ とつないでいます。

2台目のディスプレイ MacBook AirのUSBポートに[USBハブ]→[USB接続外付けグラフィックアダプター]→DVIケーブル→ディスプレイ とつないでいます。

色々なケーブルをつないでいるので、少々ややこしく感じますが、普段、抜き差しするのはmini Display PortとUSBだけなので、実際にはそれほど複雑には感じないと思います。

USB接続外付グラフィックアダプターはスムーズに動くのか?

USB接続外付グラフィックアダプターを購入する際に一番気になるのが、USB接続外付グラフィックアダプター経由で出力したモニタの動作がスムーズかどうか?実用に耐えうるのか?という点だと思います。

MacBook Air(Mid 2011)で、起動。クラムシェルモード。デスクトップの移動などの動作を撮影しましたのでご覧下さい。

ブラウザ操作の動画を撮り忘れていましたw

USB接続外付グラフィックアダプター経由だと動画の再生はちょっと厳しいと思いますが、それ以外の用途ではほとんど問題なく利用できています。多少もたつく感じはしますが、慣れて気にならなくなりました。

近々、USB接続外付グラフィックアダプターをもう1台追加して、3台目のディスプレイを追加してみようと思っています!

MacBook Airに外部ディスプレイ2台を接続

MacBook Airに2台の外付けディスプレイを接続している私の環境をご紹介します

ディスプレイ(縦置きで使用)
ASUS PAシリーズ 23型ワイド液晶モニタ IPSパネル ブラック PA238Q

ディスプレイ(USBグラフィック経由)
ASUS VSシリーズ 21.5型ワイド液晶モニタ IPSパネル LEDバックライト ブラック VS229H-P

mini Display Port – HDMI 変換ケーブル
mini Display Port – HDMI 変換ケーブル (Apple Macbook 対応)

I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター
I-O DATA USB接続外付グラフィックアダプター 「USBグラフィック」 デジタル&アナログ対応モデル USB-RGB/D2

USBハブ
Logitec 有線LANアダプタ 3ポート回転式USBハブ搭載 シルバー LAN-TX/U2H3S

こちらもあわせてどうぞ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: ASUS, MacBook Air, デジタルライフ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク