PayPal Here ついにサービス開始されたようです!

この記事は約 4 分で読めます。

PayPal Here サービス開始されましたiPhoneやAndroidなどのスマートフォンにカードリーダーを接続するだけでクレジットカード決済ができるPayPal Here。

2012年5月9日の発表から約4ヶ月後の9月6日についにサービスが開始されたようです。

クレジットカード決済を導入していない店舗だけでなく、すでにクレジットカード決済を導入済みの店舗にも、機能面、コスト面などから「PayPal Here」は導入するメリットがありそうです。

PayPal Here を利用開始するまでの手順

1.ペイパルのビジネス向けアカウントを開設
PayPal Here を利用するには、まずはペイパルのビジネス向けアカウントを開設する必要があります。
アカウント開設の際、事業に関する公的書類など必要なく、アカウント開設までの日数もそれほど要しません。

ペイパル公式サイト

Sign up for PayPal and start accepting credit card payments instantly.

2.ソフトバンクショップで手続き
必要書類を持参のうえ、ソフトバンクショップでPayPal Hereの契約手続きを行います。
必要書類の詳細、および手続きができるソフトバンクショップの情報はこちらをご覧ください。

3.登録したメールからパスワード設定
4.スマホに「PayPal Here」アプリをダウンロード
5.サービス利用開始

以上、PayPal Here のページを参考にご紹介しましたが、 私自身もまだ実際には手続きを行っておりません。
(ペイパルのビジネス向けアカウントは開設済み)
近日中に手続きをしに行く予定ですので、追加情報などありましたら改めてアップしますね。

店舗にとってのメリット

かなりの低コストでクレジットカード決済を導入することができる
PayPal Here を導入するためのコストは、カードリーダーの代金である1,200円のみです。 決済手数料は1件あたり5%。

一般的なクレジットカード決済システムとは比較にならないほど低コストです。

しかも、VISA、MasterCard、American Expressなどの主要なクレジットカードで決済できます。

売上代金をすばやく回収できる
一般的なクレジットカード決済システムでは、月末締め翌月末支払いなど売上代金を回数するまでに日数を要しますが、ペイパルでは決済後すぐに引き出し手続きを行うことができ、手続きしてから3営業日後にあらかじめ指定した銀行口座に入金されます。

しかも引き出し金額が50,0000円以上だと手数料が無料になります。

店舗内のどこでも決済ができる
PayPal Here なら、これまでのテーブルチェックのように店員が座席とレジを何度も行き来する必要もなく、その場でスマートに決済手続きを終えることができます。

などなど。
実際に利用してみたら、もっと色々なメリット・デメリットが見つかるかもしれませんね。そのへんについても随時アップして行きたいと思っています。

———————-
2012年9月6日追記
———————-

私自身が実際に確認した訳ではないのですが、PayPal Hereに関してこんなツイートが。。。SoftbankのiPhone&当該法人名義で契約している必要があるようです。。。

———————-
ここまで。2012年9月6日追記
———————-

【参考リンク】
PayPal Here(公式サイト)
スマホでクレジットカード決済が可能な「PayPal Here」が上陸!(2012年5月10日の記事)

こちらもあわせてどうぞ
いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?



野崎 雷太 の紹介

世田谷区桜丘で規模は小さく、夢は大きく、ネット企業をやっています。主にWEBで自社サービス提供したりWEB系・アプリ系システム開発をしたりしています。 夫婦とヨチヨチ歩きの男の子の3人家族。 息子と一緒にプラレールで遊ぶのが大好き。 このブログでは、自分自身が感動したり、解決できたりして「知ってよかった」と思った話題をコツコツアップしています。いつか誰かの役に立てられたらいいなぁ、と思いつつ。
カテゴリー: PayPal(ペイパル), クレジットカード, デジタルライフ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク