トップ  >  アフィリエイト導入時のポイント

前の画面に戻る

アフィリエイト導入時のポイント

アフィリエイトを導入する際に検討しておくべきポイントをご紹介します。
これらのポイントを検討することにより、アフィリエイトをスムーズに始めることができるようになります。

自社でシステムを持つか、ASPを利用するか

広告主の予算、人材、取扱商品などによってどちらがより良い選択か変わってきます。
無条件に「アフィリエイト導入=ASPを利用」と考えるのではなく、自社システムでの運用についても必ず検討するようにしましょう。その結果ASPの利用を選択したとしても、ASPを最大限活用するための参考資料になるはずです。

自社システムのメリット・デメリット

メリット (ア)ASPへの成果報酬など中間手数料が不要
(イ)自社の特性にあわせた機能を提供できる
(ウ)自社の販売システムと連動させることにより、注文承認作業などを自動化できる
(エ)自社の顧客にアフィリエイトに参加してもらいやすい
デメリット (ア)インフラ・システムの開発・メンテナンスコストがかかる
(イ)アフィリエイトサイト集めに苦労する場合がある
(ウ)アフィリエイトサイトへの支払い業務

日本では、大規模な商品点数の多いECサイトで自社システムによるアフィリエイトを採用しているケースが多いようです(Amazon.co.jp、ケンコーコムなど)。しかし、やりかたによっては、商品点数の少ない小規模なECサイトでも十分メリットがあるように思います。今後は小規模なECサイトで自社システムによるアフィリエイトを導入する事例が増えていくのではないかと考えています。

ASPを利用するメリット・デメリット

メリット (ア)インフラ・システムの開発・メンテナンスが不要
(イ)アフィリエイトサイトを集めやすい
(ウ)アフィリエイト運営のノウハウをASPから提供してもらえる
(エ)アフィリエイトサイトへの支払い業務を代行してくれる
デメリット (ア)ASPへの成果報酬など中間手数料がかかる
(イ)自社の特性にあわせた機能の提供、販売システムとの連携などがしにくい

現時点では、ASPを利用してアフィリエイトを実施するECサイトが圧倒的に多いです。最近では、ASPを通じて行われるアフィリエイトサイトとの交流イベントなども盛んに行われており、そういった点にメリットを感じるECサイトも多いようです。