トップ  >  アフィリエイト導入時のポイント

前の画面に戻る

アフィリエイト導入時のポイント

アフィリエイトを導入する際に検討しておくべきポイントをご紹介します。
これらのポイントを検討することにより、アフィリエイトをスムーズに始めることができるようになります。

アフィリエイトプログラムを設計する

アフィリエイトプログラムとは、広告主とアフィリエイトサイトが提携する際の報酬の支払い条件や、広告主が提供する広告素材・種類などの一式を指します。アフィリエイトサイトは、アフィリエイトプログラムの内容から提携申請するかどうかを判断するので、どのようなアフィリエイトプログラムを設計するかは大変重要です。

成果ポイント

「会員登録が行われたら」「商品が売れたら」など、成果が発生するポイントを決めます。当然ながら、アフィリエイトサイト側としては、より成果の発生しやすい条件を好みます。例えば、「会員登録後1週間以内に何かを購入したら」という条件よりも「会員登録の時点」を成果対象にした方が提携されやすくなります。

成果報酬額

「一律500円」「販売額の10%」など、成果ポイントの種類や商品の利益率などによってその設定内容は様々です。少なくとも同業他社がアフィリエイトを行っている場合は、その成果報酬額は意識しておくべきです。継続的に一定規模以上の成果をあげているアフィリエイトサイトに対しては特別報酬が提供されるケースが多いようです。

広告素材の準備

広告素材の種類としては、バナー広告、テキスト広告、最近では、ブログパーツや動画広告などに対応しているASPもあります。
広告素材の内容としては、最低限「サイト名」、「商品名」が表記されたものを用意しましょう。

広告の種類

アフィリエイトで利用される広告には、クリック後に移動する先のURLをアフィリエイトサイトが任意に指定できる「商品リンク(個別リンク)」と呼ばれるものがあります。アフィリエイトサイトでは、広告主の商品について十分解説した上で広告主のサイトへ誘導するケースも多く、このような場合、トップページでなくその商品を紹介するページへダイレクトに移動させたほうが余分なページ移動がなくなり、申し込み・購入率が高まります。