トップ  >  アフィリエイト運用時のポイント

前の画面に戻る

アフィリエイト運用時のポイント

アフィリイエトを運用する上で注意すべきポイントをご紹介します。これらのポイントを押さえることにより、アフィリエイトの効果をより高めることができます。

定型業務を確実に行う

アフィリエイトの提携業務である「提携承認」「注文承認」「アフィリエイトサイトでの広告掲載内容の管理」は必ず定期的に行いましょう。

提携承認

アフィリエイトサイトが提携申請を行うのは、「広告を掲載したい」と思ったときであり、提携申請にたいする対応が遅れると、そのモチベーションを低くしてしまう可能性があります。少なくとも1日から2日に一回は提携申請状況を確認しましょう。

注文承認

注文承認のタイミングは、取り扱う商品の種類によってすぐに行えるものや2・3週間後になってしまうものまで様々ですが、なるべく早く行うように心がけてください。アフィリエイトサイトにとって、成果が発生したのになかなか注文承認されないと「せっかく成果が発生したのに、その後どうなったのだろう」と不安になり、やがてはモチベーションの低下、広告主への不信感につながります。注文承認までに期間を要する場合は、あらかじめ、アフィリエイトプログラムの条件の中にその旨を明記しておきましょう。

アフィリエイトサイトでの広告掲載内容の管理

「アフィリエイトサイトでの広告掲載内容の管理」を怠ると、思わぬトラブルに発展するリスクが高まります。大多数のアフィリエイトサイト運営者は節度を持って行動していますが、古い情報を掲載したままになっていたり、法に抵触するような表現とあわせて広告が掲載されていたりすることもあります。広告掲載内容の管理はASPを通じて行われたり、専用のサービスを利用したりして行われることもあります。 基本的に不特定多数のアフィリエイトサイトと提携しないことが一番だと思います。