トップ  >  アフィリエイトの特徴

前の画面に戻る

アフィリエイトの特徴

アフィリエイトは、料金体系、アフィリエイトサイトの存在、そして運用業務にその特徴があります。
これらの特徴を理解することにより、他のネット広告との使い分けを行い、アフィリエイトを有効活用できるようになります。

成果報酬型の料金体系

成果報酬とはどのようなものなのか?そのメリット・デメリットを解説します。

一般的なアフィリエイトの料金体系

アフィリエイトを行う上で必要となる費用は、初期登録料、月額利用料、ASPへの成果報酬(以上、ASPを利用してアフィリエイトを実施する場合)、そしてアフィリエイトサイトへの成果報酬などがあります。
初期登録料、月額利用料、ASPへの成果報酬は、各ASPによってことなり、初期登録料が不要なASP、月額利用料が不要なASPなどもあります。
相場としては、初期登録料は50,000円前後、月額利用料は50,000円前後です。
また、ASPへの成果報酬についても、「アフィリエイトサイトを通じた売上額の30%」とか「アフィリエイトサイトへの成果報酬額の30%」など、各ASPによって算出方法が異なっています。

成果ポイント・成果報酬額を設定することができる

アフィリエイトでは、成果報酬が発生するポイントを広告主が自由に設定することができます。
例えば「会員登録が行われたら」「予約が行われたら」「商品が売れたら」など、広告主にとって利益が発生するポイントを指定することができます。
また、成果報酬額についても自由に設定することができ、「会員登録1件につき500円」「販売額の10%」など、広告主の利益の範囲内で設定することができますので、「多額の広告費を投入したものの成果に結びつかなかった」といったリスクが発生することはありません。この点がアフィリエイトの最大のメリットの一つです。

アフィリエイトはスケールメリットが出にくい

期間保証型広告やインプレッション保証型広告などでは、継続して出稿したり大型案件だったりする場合、その分、広告費が割安になることがあるかもしれません。
しかし、アフィリエイトサイトへの成果報酬額については、どれだけボリュームが大きくなっても割安になることはありません。むしろ、販売量が多くなった分、販売量の多いアフィリエイトサイトに対して、成果報酬額を増額することを求められます。
アフィリエイトサイトへの成果報酬は広告費(固定費的費用)というより、販売促進費(変動費的費用)と捉えるべきです。 ASPへの月額利用料やASPへの成果報酬については、取扱量に応じて割引交渉の余地があるかもしれません。