トップ  >  アフィリエイトの特徴

前の画面に戻る

アフィリエイトの特徴

アフィリエイトは、料金体系、アフィリエイトサイトの存在、そして運用業務にその特徴があります。
これらの特徴を理解することにより、他のネット広告との使い分けを行い、アフィリエイトを有効活用できるようになります。

アフィリエイトサイトとの関係

広告主の広告を掲載するサイトはアフィリエイトサイトと呼ばれています。
アフィリエイトサイトは大規模なものから小規模なもの、法人による運営もあれば個人による運営など、その種類は多岐にわたります。

アフィリエイトサイトとは?

他のネット広告とは異なる、アフィリエイトの特徴の一つにアフィリエイトサイトの存在があります。
アフィリエイトサイトを厳密に定義することは困難ですが、アフィリエイトサイトとは、成果報酬の発生を期待し、サイト内にアフィリエイト広告を掲載しているサイトを指し、アフィリエイト広告を掲載することを最大の目的に作成されたサイトや、サイトのコンテンツに関連するアフィリエイト広告を補足的に掲載しているサイトなど、目的・種類は様々です。
アフィリエイト広告をサイトに掲載するかどうかは、アフィリエイトサイト運営者の意思に依存しています。

広告の掲載場所・紹介内容はアフィリエイトサイトが決める

アフィリエイト広告の掲載場所や、掲載方法についてもアフィリエイトサイト運営者に依存しています。
同業他社のアフィリエイト広告と組み合わせて、サービス内容を比較してアフィリエイと広告を掲載しているアフィリエイトサイトもあれば、実際にサービスを利用したレビュー記事にアフィリエイト広告を掲載しているアフィリエイトサイトもあります。また、単にサイト内の空いたスペースの装飾的な位置づけでアフィリエイト広告を掲載しているアフィリエイトサイトもあります。
比較サイトにおけるアフィリエイト広告の掲載順位やレビューで取り上げられるかどうかは、アフィリエイトサイト運営者に依存しており、「報酬額が高いから」「売上件数が多いから」「その商品が好きだから」「一定の評価基準に基づいて」など様々です。

掲載場所・期間・獲得数のコントロールがしにくい

このため、アフィリエイトによる成果を広告主がコントロールするのは、非常に困難です。
アフィリエイトサイトの都合であまり目立たない場所に掲載されてしまったり、アフィリエイト広告の掲載が取りやめられてしまったりする可能性もあります。
また、これまで一定数の成果件数を獲得していたアフィリエイトサイトが、検索サイトでの表示順位の低下などにより集客数が減り、成果件数が減ってしまうことがあるなど、アフィリエイトサイトの集客の多寡は、検索サイトなどの外的要因に依存する面が多いことに注意が必要です。
このこともアフィリエイトによる成果をコントロールしにくい原因の一つといえます。