トップ  >  アフィリエイトの特徴

前の画面に戻る

アフィリエイトの特徴

アフィリエイトは、料金体系、アフィリエイトサイトの存在、そして運用業務にその特徴があります。
これらの特徴を理解することにより、他のネット広告との使い分けを行い、アフィリエイトを有効活用できるようになります。

アフィリエイト運用業務

他のネット広告に比べて、何かと運用に手間がかかるのもアフィリエイトの特徴の一つです。

提携承認

アフィリエイト広告は、広告主とアフィリエイトサイトの間で広告掲載に関する一定の契約が結ばれた上で「広告掲載の許可(広告主)」「広告掲載(アフィリエイトサイト)」が行われます。
契約内容はASPによる規定されていたり、広告主が設定したりします。
契約方法は、一般的にはASPの管理画面上で行われ、アフィリエイトサイトが広告掲載許可の申請(提携申請)を行い、広告主がアフィリエイトサイトの内容を確認した上で広告掲載を許可(提携承認)することにより契約が結ばれます。
広告主は、日々様々なアフィリエイトサイトからの提携申請を提携承認したり、提携拒否したりする業務を行う必要があります。
広告主によって提携承認のポリシーが異なり、自動的に全ての提携申請に対して提携承認する広告主もあれば、厳選して少数のアフィリエイトサイトに対してのみ提携承認する広告主もあります。

成果承認

アフィリエイト広告を掲載しているアフィリエイトサイトを通じて発生した成果は、広告主が承認(成果承認)した時点で成果報酬の支払対象となります。
成果承認は、一般的にASPの管理画面を通じて行います。広告主の販売サイトで管理されている注文データとASPの管理画面に表示されている注文データを、注文IDなどのユニークな識別子によって紐付けし、その注文が成果として認められるかどうか判断し成果承認を行います。

アフィリエイトサイトでの広告掲載内容の管理

アフィリエイトサイトでは、広告主が提供する広告素材に加え、アフィリエイトサイト運営者が独自の情報を付加してアフィリエイト広告が掲載されます。
この情報が時に法に抵触する内容であったり、誤った情報だったりすることがあります。
このような行為によって発生するリスクを未然に防ぐために、アフィリエイトサイトでの広告掲載内容を定期的に管理する必要があります。