トップ > その他の情報の活用

その他の情報の活用

アフィリエイトを行う上で必要となるその他の情報源は、はっきり言って無限にあります。
極端な話、家族との会話の中からアイデアが生まれるかも知れませんし、 電車の広告を見ていたらら、ふっと良いネタが生まれるかもしれません。
常日頃から、あらゆる情報にアンテナを張り巡らせていることがとても重要となりますが、 ここでは、新しいアイデアを生むための最も直接的な情報源と思われる 「ASPからのメルマガ」と「インターネット上のニュースサイト」について紹介します。


−ASPからのメルマガ

ほとんどのASPは、新着ECサイト情報や報酬アップキャンペーン情報、 その他イベント情報についてメルマガを通じてお知らせしてくれます。
どれも重要な情報と言えますが、特に新着ECサイト情報についてはしっかりと チェックするようにしましょう。

新着ということは、これまでアフィリエイトプログラムがなかったということなので、 そのECサイトが提供する商品やサービスについてのアフィリエイトサイトが存在しない可能性が 高いと言えます。先手必勝ですので、くれぐれもこの情報は見逃さないようにしましょう。

また、 トラフィックゲート 電脳卸 をはじめ、多くのASPでは、 高額賞金がもらえるコンテストを開催していたりするので このようなイベントを利用して報酬を狙うのも良いかもしれません。


−インターネット上のニュースサイト

一般的に、ビジネスを行う上で「新しい情報をいかに早く手に入れるか」は とても重要ですが、当然アフィリエイトについても同様です。
多数存在するニュースサイトの中で、「Webビジネス」「Eコマース」「Webマーケティング」 といったジャンルに属する話題は、とりわけアフィリエイトに役立つ情報として しっかりチェックしておいた方が良いと思います。

これらの情報をより早く手に入れられる媒体は、やはりインターネットです。
「当事者や周辺の人間」←「インターネット」←「雑誌」←「書籍・TV」 取り扱われる情報の速さは、当然のことながら当事者やその周辺の人から入手できれば それが一番早いでしょう。でも、なかなかそれは難しいですよね。
また、本屋さんに置かれている雑誌や書籍の宣伝文句につられてしまったり、 面白おかしく紹介するTV番組を見て「なるほどぉ」と思ってしまうことがあるかと思いますが、 情報の速さとしては少なくとも半年から1年ほど遅い情報と考えて良いと思います。
なので、インターネットのニュースサイトを毎日しっかりチェックしましょう。


参考までに、代表的なニュースサイトをご紹介します。

NIKKEI NET ITビジネス&ニュース
japan.internet.com
CNET Japan
@IT
internet.com(English Site)
CNET.com(English Site)


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
電脳卸では、賞金5万円がもらえるページ作成コンテストを開催していますよ。