トップ > 税金の話

税金の話

アフィリエイトを始めて、ある程度順調に稼げるようになると気になるのが税金です。
サラリーマンの方々は結構あせりますよね。知り合いに詳しい人がいれば問題ありませんが、 なかなかそんな人は少ないでしょうし、かと言って放って置くわけにもいかないし、 とは言え、所得税を元に市民税・県民税が算出されるので、本業の会社に通知が行ったら 税額の違いから副業がばれてしまう…困った困った。
(話がそれますが、基本的に副業について会社と合意した上で行ったほうが良いですよ。)

そんな時はどうしたらよいでしょうか?
ズバリ、近くの税務署へ行って相談しましょう。
私も税務署に相談しに行きました。「アフィリエイトで得た収入は課税対象になるの?」とか 「所得税を納めたら、会社にばれちゃわない?」とかとか。
かなり親身に分かりやすく説明してくれましたよ。

参考までに私の場合、
「今後も引き続きサイトを運営し、それを通じて毎月継続的に収入を得る意思がある」 ということで、アフィリエイトを通じた収入は事業所得になると言われました。
なので、年末に会社からもらえる源泉徴収表を大事に取っておいて、 年度末に確定申告書Bという書類に必要事項を記入して、白色申告しました。
(青色申告するには申し込み手続きが必要で、タイミング的に来年度からの適用となると言われた)

「所得税を納めたら、会社にばれちゃわない?」については、 確定申告書Bの第二表の「住民税・事業税に関する事項」欄に 「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という項目があり、 「給与から差引き」「自分で納付」のいずれかを選択することができるので 自分で納付を選べば給与以外の所得、つまりアフィリエイトによる収入に対する住民税は、 直接自分の元に通知書が届くようになります。

これまで、サラリーマン時代は税金についてあまり意識したことがありませんでしたが、 実際に自分で手続きをすると、「あぁ、せっかく稼いだお金が…公務員の皆さん、 どうか社会のために有効に使ってくださいね。私は国民の義務を果たしました…」 という気持ちになりました。

ある程度は自分自身で管理できると思いますが、 収入額が大きくなったなら、会計ソフト+税理士さんという対応をした方が良いでしょう。

参考までに、私は 弥生会計 を利用して経理を行っています。
お手ごろ価格もさることながら、ヘルプ機能とユーザーサポートがかなり充実しているので オススメです。特に、仕訳や科目が分からない時に使う「仕訳アドバイザー」機能は大変便利。
豊富なケーススタディーから目的の仕訳例や勘定科目の説明を見ることができます。
また、確定申告に対応した機能も追加できるので、そのまま確定申告書をプリントアウトして 税務署に提出することができます。


記帳代行(アフィリエイター:年収200万〜300万)【記帳ドットコム】 最近では、アフィリエイター向けの税理士サービスもあります。
通常の顧問税理士をつける場合と比べて格安です。
収益や事業の規模が顧問税理士をつける程でない場合、オススメです。
知人のアフィリエイターでも利用者が多いです。
記帳ドットコム


商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』
記帳ドットコムも参加している「電脳卸」は他のASPとは一味違います。